うなぎ

ウナギ・ラブ・プロジェクト  公式サイト

浜松で「耐寒性バナナ」栽培への挑戦が始まる

読了までの目安時間:約 1分

耐寒性バナナの技術開発により栽培下限温度を「5度から10度」に下げることが可能になったことから日照時間が国内有数の浜松での栽培実証が始まる、背景にはフィリピンバナナを含め「新パナマ病」の感染被害の広がりにより「国産無添加バナナ」の需要が近年になく大きくなっていることから温暖な浜松での露地栽培での試験栽培がスタートにて結果が良ければ国内で珍しい、無添加露地「国産バナナ」が誕生する。

 

未分類

この記事に関連する記事一覧