うなぎ

ウナギ・ラブ・プロジェクト  公式サイト

南国の「パパイヤ」を浜松での露地栽培に挑戦へ

読了までの目安時間:約 1分

農業ベンチャーの「アグリ・ルネッサン」は亜熱帯の沖縄で栽培されている「パパイヤ」の露地栽培に挑戦する、健康長寿都市「浜松」にマッチする「パパイヤ」の機能性に注目、岡山市の耐寒性作物の技術開発に取り組む「D&T」ファームと栽培実績のある新見アグロとの連携にて今年から西区と南区の自社農場「1500㎡」に6品種を植え付け8月末の収穫を目指している、浜松は東京、大阪の大都市圏の中間に位置するこで鮮度を保持した流通が可能なことから大きな需要が見込めると判断にて本格的に栽培を強化して行く、尚、当該事業は農水省、環境省「食品循環資源再生利用計画」の認定事業モデルにも認定されている、尚、次年度から「浜名湖

パパイヤ」として販路の拡大を強化して行く予定です。

 

未分類

この記事に関連する記事一覧