うなぎ

ウナギ・ラブ・プロジェクト  公式サイト

ウナギの残渣で肥料を。 【中日新聞さんに取り上げていただけました。】

読了までの目安時間:約 2分
肥料袋

こんにちは、

今回活動のなかで中日新聞さんに取り上げていただくことになり

代表の井口がインタビューに答えるために、

イザ出陣!!

 

 

 

国産ウナギの残渣を「リサイクル」した、安心安全な「有機JAS適合肥料」

主原料は「ウナギ・海老・カニ・タイ・鰹・昆布」を使用した、有機肥料

農水省/環境省「食品資源循環再生利用計画」認定されています。

 

「うなにんにく」が静岡新聞さんに掲載されました

 

畑から、「安心安全」を直送、浜松産、大粒ニンニク

翌朝まで臭いが残らない、エチケットフリーニンニク

今、注目の「抗酸化系」、新エコニンニク

、※静岡新聞記事へリンク

 

うなぎの残渣の有機肥料で「みかん」を栽培でブランド化へ

浜松北区都田町のみかん農家、須部さんの「2000平米」のみかん畑に

ウナギ残渣をリサイクルした「有機JAS適合肥料」で栽培、品種は宮川早生と

興津早生の2品種、今年10月の収穫が期待されている。

 

 

 

詳細はこちらから御覧ください。

中日新聞さんのHPとなります。

 

※うなぎ残渣をリサイクル「有機JAS適合肥料」を活用した農産物「生産者」を募集しています。

 

未分類

この記事に関連する記事一覧